創作ドウワ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

いよいよ 冬 到来~

お鍋たべましょ~!
キムチ鍋、寄せ鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ

オッとヨダレが~!
考えただけでヨダレが~!

鍋を囲んで 冷で キュッと・・・・
熱燗で キュッ!


皆様飲み過ぎ食べ過ぎに注意しましょ~ね!(^_^;)

スポンサードリンク

クラーナハ展鑑賞しました

昨日、還暦のお祝い をしてくれた娘二人と、食事の後、上野西洋美術館で「クラーナハ展」に行ってきました。

この日は、とある有名しゃぶしゃぶチェーンの 「木曽路」 で娘二人が「還暦」のお祝いをしてくれたのです
(^。^)


「木曽路」では、とろけるほどにやわらかな霜降り牛に、熱湯に漬けるとすぐに透明になって、モチモチの春雨・・・・・
正直、春雨にはビックリさせられました! ^_^;

料理も大変おいしく、娘たちのあたたかいもてなし、スタッフの気遣いで、心もお腹も満腹になりました。

このまま帰るのも寂しいので、近くの上野公園で 「大道芸」 を見ようという事になり、
京成上野駅から西郷さんの銅像を抜け、フラフラと公園内を散策していると、いるいる!大道芸の方々!

しかし、まだ準備中だったり日蔭だったりしたので、日が当たって温かいところを目指すことに、 いざGO!

中央噴水広場をめざし、東京文化会館のわきをフラフラしてるうちに、
「そうだ!せっかく上野だから、世界文化遺産に認定された 国立西洋美術館を見にいこうぜ!」 ということに(半ば強引!)

すると、どうでしょう「クラーナハ」の特別展 が・・・・!

「せっかくだから、芸術を堪能しようよ!」 と、あまり気乗りしてない娘二人を無理やり連れて入ることに。

思った通り、館内は暖かく暖を取ることに成功しました!

「エッ?鑑賞目的じゃないの?」

やだな~、もちろん鑑賞目的に決まってるじゃないですかぁ! (^^ゞ

暖は二の次ですよ~ヾ(・∀・)ノ ・・・・・


今だから正直言います 「クラーナハ」 って だれ・・・?

すみませ~ん! ホントは暖が目的でした~ (;д;)


「クラーナハ展」~500年後の誘惑~ 
2017年1/15(日) まで 国立西洋美術館で開催
2017年1/28(土) より 国立国際美術館(大阪)で開催

詳細は、国立西洋美術館 開催中の展覧会 をご覧ください。クリックすると国立西洋美術館 開催中の展覧会ページへとびます

いよいよレポートに入ります!

館内は程よい混み具合で、土曜日の午後でしたがわりと空間に余裕があり、その分じっくりと鑑賞できました。
が、やはり同じような考えの方が多いんでしょう? 進み方もかなりのスローペースでした。 (*゚Q゚*)
 
クラーナハは、親子で同じ名前を使用していたということで、作家名に、「(父) ルカス・クラーナハ」、「(子) ルカス・クラーナハ」と、いう様に表示してあるのも印象に残ります。
作風が似ているのかも?

作品群は、宗教画から、肖像画、裸婦画、神話や聖書などの1節中から抜き出された 女性の怖さ など多岐にわたる上、絵画だけでなく木版画もありということで、観る人をなかなか楽しませてくれます。

宮廷画家として、そのクライアントの肖像画には精緻な描写がされており、画家のこだわりが見て取れるようでした。
特に <ザクセン選帝侯アウグストとアンナ・フォン・デーネマルク> の肖像画は秀逸でした。
衣装の刺繍の細かいところまで描きこまれ、観ていて驚きです。
誰も口にしないのでわかりませんが、左の男性の足が ほっそ~ と思ったのは自分だけでしょうか?

裸婦画は、自分的には言われるほどの魅力は判らなかったですね~
丸顔で、おでこが広いのは、当時の魅力的な女性像の一つだったのでしょうか?

「女のちから」というテーマ の、神話や聖書の1節から描き出された絵画はかなりエグイです

<ホロフェルメスの首を持つユディト> は、無表情なユディトが、ホロフェルメスの首を白い台の上でおさえ、首の断面図がこちらに向いています。
さらに悲惨なのは、ユディトが右手に持っている剣が、「なまくら」 でとてもスパッと切れるようなモノには見えない点です。 

切られたフォルメスの苦痛を察すると・・・・・Σ(゚д゚|||)

女性の美しさに惑わされ、ユディトが敵方なのに油断して酔い潰された結果の1節の描写なのですが・・・
剣がなまくら ですよ 「ナ・マ・ク・ラ」

そして、あるたくらみのもと、ロトに二人の娘がぶどう酒を飲ませている <ロトと娘たち> 
これから何が起こるのかを想像させるには十分すぎる絵ですよね~。 Σ(ω |||)
女性たちのたくましさを感じますね~

後で調べて分かった事ですが、作品のどこかに、ヘビをモチーフにした「クラーナハの商標代わりの署名」が描きこまれているそうです。

行き当たりバッタリの鑑賞の鑑賞でしたがクラーナハさんという画家がいるという事を知り、有意義な鑑賞ができました。

展示会に行くといつも思う事ですが、一通り観るとやはり疲れるます
できるだけ、ところどころ休憩を入れた方がいいですね。
できれは、水分補給もしたいところですが、それは出来ませんが

常設展の所蔵物をまた鑑賞したかったのですが、ムリムリに誘った娘ふたりも疲れたようなので、常設展はスルーし、お茶して帰ることにしました。







映画「後妻業の女」観てきました

久しぶりのブログ更新で~す\(~o~)/

そして、久しぶりに映画鑑賞してきました~!

そして今日は、遅めの夏休みを頂きました\(~o~)/

ぽっかり空いた平日の時間なので、久しぶりに映画を観ようと思い立ちました

どうせ観るなら、今流行の 「君の名は」 がいいかなと思いつつも、

「おいおい、おじさんが一人で見たら浮いてるぞ!」

そう諭す声がどこからか・・・・・・(;д;)

そう思い、ではではなにがいいかな~ とシネコンの上映スケジュールを調べていると、

他にこれと言って観たい映画がないみつからない~ ( ノД`)

気をとり直し、それじゃあやっぱり、「君の名は」でしょ?

そう思って、空き状況を見てビックリ!

平日の昼間なのにほぼ満席!

「え~!聞いてないよ~!」
じゃあさ、じゃあっさ、ほかのシネコンはどおよ?

さっそくどこを調べるも結果は同じ。ほぼ満席

スッゴイですね~「君の名は」人気

今週も、シネマランキング一位間違いなしでしょう!

さてさて、では、では、

と、あるサイトで映画の口コミをみると「後妻業の女」の評判いいではないですか!

自分の中では

「ジジイをだましてお金をだまし取る映画だろ~!」

と、あまりいい印象ではなかったんですが、もしかしたら、思いっきり笑える映画か~?

と思うのと同時に

おじさんが観るには 「まっ、ちょうどいいか?」 (´∀`*;)ゞ

という思いもあっり、とりあえず空き状況を確認・・・・

なんじゃこりゃ~!・・・・・

ガランガラン・・・・

小さめのスクリーンで1/4位しか入ってな~い

よっしゃ~!これこれ!

「リラックスして観れるぞ~!」(っ*^ ∇^*c)

さっそく映画館へ GO~!


久々の映画館で 浦島太郎 になりました・・・・・

なんと、今のシネコンって 自分で 発券 するんですか~!

確かに、そんな兆しはありましたよ

でもでも、どおしよ~! (;д;)

しかし、そんな迷えるおじさんに 「やさしく微笑むおねえさまが」

「こちらの窓口へどうぞ・・・」



普通の窓口へとおじさんを いざなって くれましたぁ~. ゚+.(・∀・)゚+.

いよいよ、館内へと進んで行き、

目的のスクリーンの予約してあった席に腰掛け、場内を見回します

やはり、席は1/4位しか埋まっていませんでした

観客も熟年のご夫婦や熟女の方々がほとんどでした

若い方は、「青空エール」や「君の名は」の方に流れているんでしょうねー

おかげで、余裕で鑑賞できました

「映画の感想は、」と聞かれたら

う~ん、思った通りの内容の映画でした

「熟女がおじさんをたぶらかしてお金を巻き上げる」

マンマでしたね~! (*゚Q゚*)

もっと笑わせてくれるかと思っていたんですけどね~、ストーリーはコミカルなんですが

大笑いするほどのこともなく、笑いは、ところどころで 「クスッ」 とするくらいでした

もっと、おもしろおかしく ハチャメチャ になるのかと思えば、

騙された父親の財産を取り戻そうとする娘が、知り合いの弁護士と探偵を雇い 

「悪事」 を暴く展開になり、

「おっこれはどうなるんだ」

と期待させておいては、なんだかいつの間にやら うやむやに・・・・ Σ(´Д`*)

まあ、適当に楽しめた映画でした

しかし、出ている俳優陣がすごいですね

脇役が豪華です!

森本レオ、泉谷しげる、伊武雅刀、津川雅彦、余貴美子、笑福亭鶴瓶(敬称略)など

言わずと知れた素晴らしい演技、さすがです!

主演は、大竹しのぶさん、豊川悦治さん

大竹さんの演技は圧巻、 さすがに女優です!こわいですねえ~ (゚д゚)

豊川さんは思った通りの役柄、「たらし」です (*´v`)

鶴瓶さんの役柄の 「竿士」←(こういう字かは?) という言葉は初めて聞きました

なんだかんだで、隣りで観ていたご主人が満足そうでしたので良かったですo(^▽^)o



グエルチーノ展鑑賞

皆さまは、この連休を十分楽しまれた方も多いと思います。

ガボもせっかくの連休なので、目の保養も兼ねて芸術を堪能しようと思いったちました。

思い立ったと言っても、本当は、以前から気になっていた国立新美術館のルーブル美術館展に連休中に行こうと前々からおもっていましたんですけどね。
(^ε^)

そうは思っていてもなかなか腰の重いガボは、午前中ダラダラしてたんですが・・・

天気の良さに心が浮かれ、「よし!」 (本当は家にいても暑いだけ・・・)

下調べでもとパソコンで検索すると、なっなんと~めちゃ混みらし~ではないですか!
特にフェルメールの「天文学者」は大人気らしいじゃぁないですか。

ガボは甘っかった~!Σ(゚д゚;)
柏餅以上に甘っかった~!(柏餅はそれほど甘くなく、とても美味しいのでガボは大好きです(^∇^)

ゴールデンウィークだよ~みんな~!

リア充たちは、海外に行ったり、国内旅行に出かけたりしているんだよね~?
おまけに天気もこれ以上ない位、晴天と気温に恵まれているんですよ~!

海や山への行楽日和じゃあないですか
チョット荷物持ってバーベQもアリですよね~?

それなのになんでそんなに混むの~?

そう嘆いたときにフッと気がついちゃいました。
日本って本当に人口が多いんでってことを

エッ!違う違う!そ~じゃあないよ~

本当は

「普段からあまり美術鑑賞をしない自分自身はどうなんだと」

「そんなやつが、芸術を真から堪能しようとしている人たちの事をとやかく言えるか~フツ~?」

と、もう一人のガボが心の中でイヤ味な声で罵ります。

そうです、その通りです。
そして、もう一人のガボがこう続けました。

「上野でも何かやってんじゃね?調べてみ!」

そうです、上野は美術館、博物館、動物園の宝庫です!
あの西郷さんだっていらっしゃいます

というわけで上野国立西洋美術館の「グエルチーノ展」へ行くことになりました。

とはいっても、初めは常設展だけにしようと思っていました。常設展だけなら430円で鑑賞できるからです。

しかし、いざチケット売り場に並んでみるとせっかく来たんだから「企画展」も見た方がよくねともう一人が言い出しました

それでグエルチーノ展も鑑賞することにしました。

正直に言います

「グエルチーノ」さんてどんな人? ヒ~ごめんなさい~!」
「ぶたないで、!・・・」

そうです、にわか芸術気取りのガボは全く知りませんでした。

あとで(鑑賞しながら)わかった事ですが、17世紀イタリアのチェントでバロック美術を発展させた画家という事です。

ここで、簡単に一行でまとめてしまいましたが、美術史に残るスゴイ方(スゴイというのは作品を拝見すれば納得しますね)なので気になる方はちゃんと調べる事をお勧めします。

時間が3時位という事もあり、意外とすいていました。

これはラッキーです!!
(*^▽^*)

館内は冷房が効いており、外の暑さから免れるにはちょうど良い室温でした。 
が、汗が引いた後は少し肌寒さを感じてしまうほどでした。

美術展特有の照明の暗さと、室温の涼しさも相まって「厳かな」雰囲気が漂っています。

そこに解説文を横においた、厳かな宗教絵画がズラ~と並んでいます。
入った瞬間にそれだけで圧倒されますね。

絵画のほとんどが、宗教画なので、聖書に詳しと更に愉しめるでしょうね

宗教に詳しくないガボですが、絵には圧倒されてしまいます。
一つ一つ観ていて (1500円の元も取らねば~という気もあり (;^_^A ) ついつい時間が過ぎてしまいました。

思いのほか堪能させてもらいましたよ~
しかも、初来日!なんて~ どんだけ~(ちょっとふるい?)

なんとラッキーな日を過ごさせてもらった事でしょうか!

このまま家路についてもいいのですが、常設展も観に行かなくちゃと「芸術に貪欲」なガボは思います。(本当は元を取りたいだけ・・・・?)

少し、絵画の気にあたって疲れたガボは展示室にある椅子で小休止したあと、いざ常設展へ!

「常設展」へ入る時受付のきれ~なお姉さんが気になる一言を

「5時半で閉まりますので・・・」

なんでそんな事を云うのかといぶしがってスマホを見ると

5時5分

エ~!もうそんな時間

そっか~家でぐずぐずしていたから、入ったのが3時近かったからか~
それじゃ~大急ぎで回らないと・・・

中に入ってわかりました。ガボはとんでもない間違えをしていたことを

常設と言って侮ってはいけないんです!なんたって国立西洋美術館!こくりつです!

国を代表する美術館なんです! 大変な所蔵物が満載なんです!
絵画、彫刻、素描、版画など4500点もの作品を所蔵しています(ホームページより)

美術館前庭では、立派な彫刻が迎えてくれていました。あれはロダンの彫刻だったのです。

絵画では高名な方々の作品がズラ~リ~と展示されており、とても30分では見切れないと。

ガボは、初めて知りました。こんなにすごい作品があるなんて・・・と

さすがはコクリツです

皆様も、芸術を堪能される際には、お時間にゆとりを持たれることをお勧めします


「グエルチーノ」展は5/31まで開催していますので興味のある方は是非ご覧になってください
もちろん、「常設展」もお忘れずに!




映画「アニー」観てきました

今年、最初の映画鑑賞です(=^・^=)

昨日の1/24(土)に「アニー」を観てきました。

いつもサービスデーの1100円の時にしか映画を観に行かないガボが、今回はサービスデーでもないのに観に行っちゃいました~!

1100円でしか映画を観ないケチ、・・・じゃない・・・、ボンビーなガボが、なぜサービスデーでもないのに観に行けたかというと、1000円で観れる割引券をくれた親切な方がいたからで~っす!\(~o~)/

ありがとうございま~っす
m(__)m

またお願いしま~す!



お礼とお願いアピールが済んだところで、本題に入ります≧(´▽`)≦


感想を結論から言うと、いろいろ論表がありますが、ガボは

感動と希望と元気をもらえた映画でした!

本作は、言わずと知れたブロードウェイミュージカルの映画化ですが、ミュージカルがどうも苦手という方も、すんなりとストーリーに入って行ける内容だと思います。

「アナと雪の女王」の時もそうですが、ミュージカル映画なのにミュージカルをそれほど感じさせず、それでいて楽曲を楽しませてくれる映画だと思います。


ストーリーをざっくりとしますと

舞台は現代のニューヨーク、マンハッタン

4歳の時レストランに置き去りにされ、その後、補助金目当で施設を営む「ハニガン」に引き取られ、10歳になった少女「アニー」
アニーは、施設の4人の仲間たちと希望を忘れずに明るく育っていました。

映画の冒頭は、学校の「授業」のシーンから始まります。
先生に指名された「アニー」が教室の前に立ち、「ニューディール政策」の解説を始めます。

貧困にあえぐアメリカがどうやって立ち直ったかを、アニー流で見せます。

そのシーンからいきなり「元気で明るく、人気者」のアニーが伝わってきました。

そんな、元気なアニーは毎週金曜になると行く場所があります。
自分が置き去りにされたレストランの前で、夜の開店から閉店まで、両親が迎えに来るのを外で待っているのです。

一方、携帯会社CEOで、次期ニューヨーク市長選挙候補の「スタックス」は、12歳で父親を亡くした後、今の地位を築いた努力家です。
そのためか、有能なスタッフはいても友達と言える人はいませんでした。

実業家で市長候補である彼は、いつも市民の注視の的で、カメラを向けられていました。

選挙の支持率に悩んでいたスタックスは、「悪ガキ」から逃がした犬を追いかけている途中、車に撥ねられそうになったアニーを助けます。(本当にヒヤッとする一瞬です)

その動画が目撃者から、SNSでアップされると支持率がアップに・・・・!

これに、市長選のスタッフが目をつけ、アニーと同居することを提案します。
スタックスは最初は嫌がりますが、選挙までという事で渋々納得します。

いつも前向きで明るいアニー仕事にしか興味がないスタックス

この後は、まあ想像通りの展開だと思います(^ε^)♪



楽曲も盛りだくさんあり、随所に笑いも込められていて、それでいて泣かせてくれる118分間でした。
上映中、飽きる事もなくあっという間の2時間でした。

これからご覧になろうという方は、用心のため是非厚手のハンカチをご用意して下さい。




広告
休日のひととき・・・・
美味しいおつまみでお酒を堪能しながら、見逃した映画やドラマを
U-NEXTでお楽しんで見るのはどうでしょうか
今なら16日間無料でお楽しみできます
ポイントOK作品PPV作品は無料対象外です


Appendix

プロフィール

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。