FC2ブログ

創作ドウワ

Entries

カズーイの冒険1

人類に取り残され、地図にも載らないほどの小さな
南海の孤島がありました。

その孤島は、一年中、緑豊かな木々におおわれた島でした。

昔は誰かが住んでいたのかもしれませんが、今は、誰からも
忘れられた孤独な島でした。

しかし、そこに住む小動物たちにとっては楽園なことに
変わりはありませんでした。

その島に住んんでいるのは、無人島らしく、リスや
ウサギや小鳥達などの小動物たちです。
みな、毎日平穏に暮らしていました。

そう、ウサギのカズーイもその一人です。

カズーイは走ることが大好きで、来る日も来る日も
島中を走り回っています。
島に住むほかの仲間に迷惑がられる存在でしたが、
本人は全く気付いていませんでした。

カズーイは、島の森の奥深くにある大木の根元の
穴の中で暮らしていました。

同じ大木には、リスの家族が何家族も何家族も住んでいて、
まるでリスのマンションみたいな大木になっていました。
カズーイは、そんなリスたちの「カリ、カリ」と木の実を
食べる大音響で毎日目覚めていました。

そんなカズーイの夢は、大空を恋人のミミーとわがもののように
飛び回ることでした。

カズーイの冒険2

カズーイはいつものようにリスたちのカリカリ、カリカリ、カリカリ、の大合唱で目を覚ましました。多勢に無勢なので、もんくは何時ものように心の中にしまってしまいました。
以外にもきれい好きなウサギのカズーイは、顔を洗いに島の山の上にある湖に、自慢の足で駆けて行きました。

湖にドップンと顔をつけると、底のほうにオオサンショウウオのロッジ爺さんがまだ寝ているのが見えました。
ロッジ爺さんはカズーイにいつも、意地悪なことを言っているので、カズーイは大きな声で「ロッジ爺さん、ロッジ爺さんおはよー」と声をかけると、ロッジ爺さんはビックックーとしてよほどビックリしたのか、おなかを上にしてピューと湖底もっと奥への方へといってしまいました。
カズーイはちょぴっと悪い気がしたので、心の中で「ロッジ爺さんごめん」と謝りました。
「でも、ウサギは空を飛べないなんて僕の夢を壊そうとするからいけないんだよ」と弁解も忘れませんでした。


カズーイの冒険3

顔を洗ってスッキリしたカズーイは、森の自分の住み処へ戻ると、
ガールフレンドのミミーが朝ごはんの人参のいい匂いをさせて
待っていました。

ミミーは森中で一番の美ウサギだとカズーイは思っていました。
実際、ミミーの耳はスッと立っているし、毛も真っ白でやわらかく
フサフサしています、目元もパッチリとして長めのまつ毛をしています。
話し声も透き通るやわらかい声です。

カズーイの外見は、耳が少しばかりほかの仲間より長めなくらいなだけで、
何の変哲もない、どこにでもいるウサギでした。

ミミーがカズーイのどんなところが好きなのかカズーイは知りません。
聞いても 「フフ」 と優しい声で微笑むだけでした。
でも、そんなガールフレンドがいることが自慢でした。
ほかの森の仲間たちは、そんなカズーイをひやかして楽しんでいました。

カズーイはミミーと大空を自由に飛び回りたいといつも思っているので、
だれかれなく、どうやったら飛べるようになるか聞いて回っていました。

そんな時、ロッジ爺さんが「ウサギが空なんか飛べるわけがないじゃろ」
「そんなに飛びたきゃ思いっきりダッシュして跳ねてみるんだな」なんて
意地悪なことを言われて少し悲しくなっていたんです。



ロボジー

4/1に映画ロボジーを見てきました。
さすがに少し前の話題作だから、単館とはいえあまりこまなかった。
素朴に楽しめて思っていた以上よかった。
ミッキーカーチスさんのおじいちゃんは最高!弱みに付け込んで
欲を出すところも味があった。
由高由里子さんの演技もよかった。和久井映見ちゃんもお母さん役を
やるようになったんだね。

カズーイの冒険4

カズーイはどうやったら鳥になって飛べる様になるか
いつものように悩んでいると、ミミーが思いついたように
「そうよ大ワシのドンキーに相談してみたら」
と勢い込んで言いました。

「どうしてドンキーなの、鳥ならほかにもフクロウのドンや
カワウのマーラだっているじゃないか。それに僕、ドンキーが
苦手なんだ。乱暴者なんだもん」とカスーイは耳をたらして反論しました。

ミミーはカズーイを諭すように優しくいいました。
「大ワシのドンキーさんはいつも空の高いところから下を見下ろして
いるのよ。それに比べてフクロウのドンさんや、カワウのマーラさんは空を
飛んでいるより木の枝で休んでいる方が長いのよ。飛び方を教わるなら絶対
ドンキーさんよ」、と目をクリクリっとさせて言いました。

「これから早速ドンキーさんに会いに行きましょっ」とカズーイの耳をつかんで、
森の奥の方へと引っ張っていきました。


カズーイの冒険5

カズーイは大好きなミミーに耳をつかまれ、
グイグイ引っ張られて、森の奥深かくに向かっていきました。


「イタッタタター!」カズーイは耳がとっても苦手でした。

「ミミー!耳をひっぱらないで!本当に痛いんだ。」
ミミーはビックリしてカズーイを見て言いました。
「カズーイ、あなた本当にウサギなの。」「ウサギは耳をひっぱたって平気なはずよ!」

突然の言葉でした.

カズーイは、びっくりしました。こんなに痛いのに他のウサギたちは
本当に痛くないっていうのか?

カズーイはおそるおそるミミーの耳をツネってみました。
しかし、ミミーは全然気が付いている様子はありませんでした。
カズーイは今度は思いっきりミミーの耳に爪を立ててツネッて
みました。しかしミミーは少し顔をしかめたくらいで、カズーイの
方を見て「さすがにそれは痛いよ」とちょっと涙目で訴えました。

「ごめん」とカズーイは謝りましたが、心の中では、「あれが僕だったら
きっと気絶はしていたよね」と自分に言い聞かせていました。


カズーイの冒険6

耳が普通のウサギと違うことを悟ったカズーイは、
少なからずショックを受けました。

「僕はウサギじゃないのかもしれない」そんな不安が
頭をよぎりました。

急に落ち込んだカズーイを見て、ミミーはカズーイに言いました。
「カズーイは耳がとても敏感あのね。だからほかの仲間たちより耳が
長いんじゃない。」

何の励ましにもなりませんでした。

「それよりも早く!大ワシのドンキーさんのところに行きましょ」
と言って、今度はカズーイの手をギュっと握りしめました。
今度は、カズーイはもんくも言わずに嬉しそうに引っ張られて行きました。

ドンキーは、森の南側にある島一番の大きなヒノキの天辺に巣を作って
いましたが、いつも空高く飛び回っていて、滅多に巣に帰ることは
ありませんでした。

カズーイ達が、森の南側に向かって山を登っていくと、楓の木の枝に
フクロウのドンがうつらうつら眠っているのを見つけました。

ミミーはカズーイにウィンクしました。それは、「ほら、言った通りでしょ」
ということをカズーイは知りました。

ミミーは「エッヘン」というカオをして、かわいらしい目をクリクリさせていました。

ベルセルクやってたんだー

最近、6月に「ベルセルク 黄金時代篇II」が公開に
なることを知った。

「えっ!Ⅱてなに。てことは、Ⅰがあったの?」と思い、
ググってみたら、なんと2月に公開していた。
テレビでもさんざんCMしていたらしい。
全く知らなかった。

なんということだ。見損なってしまった。
今度TUTAYAに探しに行こう。

カズーイの冒険7

小さな島なのでカズーイ達はすぐに大ヒノキの根元につきました。

見上げると、その木は空高く、天に突き刺さるようにのびていて
ドンキーの巣を見ることができませんでした。

ミミーは、大きな声で「ドンキーさーん」、「ドンキーさーん」
と何回も木を見上げて呼びましたが返事がありませんでした。

そこで今度は、カズーイが大きな声を出そうとイキを思いっきり吸い込んだとき、

木が「やめてちょうだいー」と叫んだので、

カズーイはおもいっきりむせてしまい、ゴホゴホいってしまいました。
カズーイは「木がしゃべったー」「木がしゃべったー」
体をビクビクふるわせてミミーに抱きつこうとすると、ミミーはサッとよけて、
「バカねえカズーイは!」「良く見てごらんなさい、上の方を」と耳で指しました。

その方を見上げると、木の中ほどの穴からホッペタを膨らませたリスがいました。
「赤ちゃんにおっぱいをあげて、やっと寝かしつけたところなのよ。大きな声を
お出しじゃないよ!」とますますホッペタを膨らませて言いました。

カズーイはどっちの方の声が大きいんだと思いましたが、黙っていることにしました。

ミミーは「ごめんなさい、大ワシのドンキーさんに用があってきたの」「でも、大きな
声を出さないと上の方まで声が届かないでしょう?」とあやまりました。

すると、そのリスは「アハハハー」と笑ってやさしく教えてくれました。
「ドンキーさんは滅多にこの巣には帰ってこないけど、それでも会いたいなら裏側に回ってごらん」

ミミー達は木の裏側に回って見ると、そこにはウサギが二人入れるくらいの木の箱
(ゴンドラ)が根元におかれていました。

そこにさっきのリスが降りてきて言いました。「これに乗って上へお行きなさい。」
「でもどうやって動かすの?」とミミーが不思議そうな顔をしていると、
「ヒノキが地面の養分を吸い上げる時の力を使って上がっていくのよ」と
リスは教えてくれました。

カズーイは感心したカオをしていると、リスはまたケタケタと嬉しそうに笑って言いました。

「君は本当に疑うことを知らないのね。ゴメンゴメン、」

「良く見てごらんなさい。そこの枝からひもが垂れているでしょう。それをウンと引っ張って
枝をしならせて、木の箱のこの穴に通してしっかり握ってるのよ。」と穴を指さしました。
木の箱には穴が2つ開いていました。

「木の箱にのって、この穴に通したひもをゆっくりゆるめると枝がゆっくり上がって木の箱を
上へ持ち上げてくれるわ」。「木の箱が止まるとまたひもが垂れているからまた引っ張って
同じことをくりかえすのよ。10回繰り返すとドンキーさんの家に着くはずよ」

そう言ってリスは赤ちゃんが気になるのか「もう大きな声を出さないでおくれよ」といって
帰っていきました。


地面の気持ち

昨日高尾山へ友人3人とハイキングへ行ってきました。

ゴールデンウィークということもあり、登山客が
アリのような列を作って登っていました。

天気も良く、少し登り始めると汗ばむくらいの陽気でした。

足元が少しぬかるんでいたので、足元ばかり見て登っていると
フッとあることに気が付きました。

それは、皆が同じところを踏みしめて登っている事でした。

そういう風に道が作られていて、安全だから当然といえば
そうなのですが、もし、踏まれる地面に感情があったら
どう思っているんだろう?

もしかしたら、

「小さい足で軽くてよかったー」と思った次の瞬間、ドスン
「イタタタター!」「思いっきり踏みつけんじゃねーよ」
と罵っているかも。

また、

「来る、来る、来る」「あっ痛いー!」
「せめて底が柔らかい靴にしてくれー」
などと懇願しているかも。

「また来た、重そうなのが、来た、来たー」と思って目をつむった次の瞬間、
隣りの地面が「ギャー!」と悲鳴をあげたのを聞いて、「助かったー」と
胸をなでおろしているかも。

なかには、

「くさい、くさい、こっちへ来ないでくれー」と思っているかも。

そんなことを考えて登っていると、どんなに踏みしめても何も文句を言わず、
安全に登山をさせてくれる地面に感謝です。

きっと今日もいろんな人たちに踏みしめられているのでしょう、

でも、ハイキング客たちがいなくなった後、地面たちはお互いの奮闘を
称え合っているのかもしれません......(^_^;)

Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中