創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズーイの冒険 63

「オレ達は、顔をひきつらせて逃げようとしたその足を、長老の一言で止める事が出来たんだ」

ガボが続きを話します。

「長老がオレ達を見て、ウン、それでいいと言うように頷いてくれたんだ」

「マザードンキーは、木の枝から地面へ身軽にヒョイとひと羽ばたきで降りてくると、口に咥えたバナナをバナナの山に加え、長老と向きあい

「長老さん、約束通り連れてきてありがとうございます」
「バナナはお気に召したかしら?」


「そう言うとニッコリ笑ったんだ」

「長老は拍子抜けしたように、少し間をおいてから引きつった笑顔で」

「エッ、とっても美味しゅうございました・・・ごちそうさまでございます」

「それを聞いたマザードンキーが」

「オホホホホホ・・・」

やだわ~!長老さんたら、何をそんなに緊張なさっているのかしら?」

「そう言うとさらに優しい笑顔で」

「そこのアナタ達、昨日は本当にありがとうございました」
「おかげで、息子のドンキーも大した怪我もなく済みました」

「このバナナは、ほんのお礼の印ですから、どうぞ召し上がってくださいな」


「オレ達は何が何だか状況がとんと飲み込めなかったんだ」

ガボが同意を得ようとケンの方を向いて

「な、ケン」

というとケンが話を引き取り、続きを話し始めました。、

「長老もキツネにつままれたように」

「あの~、マザードンキーさんはケンとガボの事を怒っていらっしゃるんじゃないんですか?」


「どうして私が怒るのかしら?息子を助けていただいたのに・・・」


「それを聞いて、オレ達二人も拍子抜けして・・・、だけど遠慮がちに恐る恐るガボが」

「あのう、マザードンキーさん」

「その子を返せ~!って、すっごい怖い顔をして、ボク達を睨んでいましたよね?」

「そうだったかしら?」
「全然記憶にないわあ~」

「ウフフフ…、やな子たちねえ」


「そう言ってまた笑うんだ」

オレ達が不思議な顔をしていると、マザードンキーが

「オホホホ、やあねえ~」

「と、悪戯っぽいカオをした後」

「ごめんなさいねえ、私も母親ですもの~」
「それで判ってもらえるだしょう?」


「そういって、少しはにかんだ様に羽根をすぼめたんだよ」

「長老と、オレはそれで全て納得したんだけど、ガボが」

「すみません、言ってる事がよく分らないんですけど・・・?」

「なんてことを言うもんだから、ヒヤっとしたんだよ」

「するとマザードンキーは」

「アナタは鈍感さんなのかしら?」
「それじゃ、女の子に嫌われちゃうわよ。フフフ・・・」


「そういって、また笑ってるんだ」

「ガボはまだ腑に落ちない顔をしながら、何かを言おうとしたのを見て」

「長老があわててガボに」

「ガボ、もういいから!!後でわかるようにじっくり説明してあげるから!」

「そういって、まだ不思議がっているガボを黙らせたあと」

「それじゃ、このバナナは遠慮なくこの子たちが戴いてもいいんですね?」

「と念を押すと、マザードンキーも嬉しそうに」

「どうぞ、どうぞ、長老さんも一緒に頂いて下さいな」

「その返事を聞いたオレ達は」

「じゃあ早速食べようよ」

「そう言ってガボとオレは喜んでバナナの山にとびついて食べ始めたんだ」

「これがまた甘ーい香りでスッゴク美味しかったんだ~」

そこまでケンが突然出て来たヨダレをふきながら話すと、ガボが思い出したようにボソッと

「ところでさっきのってどういう意味だったんだろうね?」

「さっきのって、まさかマザードンキーの事じゃないだろうね」
とおそるおそるケンが訊きかえしました。

「そおだよ」

「あの時バナナを食べながら、長老とオレで説明したのを忘れたっていうのか?」

「実はあのとき、バナナに夢中でちゃんと聞いてなかったんだよ」

「それで今頃になって思い出したって事かい?」

ガボが恥かしそうに頷くと、

周りのみんなは「まあ、ガボらしいや」と苦笑いをしていました。

ガボがみんなに、「今の話で判ったの?」と周りを見回すと、みんな頷いていました。

「だからガボはモテないんだよ!」とケンが笑うと、またみんなは「うんうん」と頷いていました。



Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。