創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズーイの冒険 65

「ところでこの島には、そんなにバナナの木はないわよね?」

テルが、ケンとガボに訊きました。

「うん、」

とケンが答えて説明を始めました。

「さっきも話たように、あの事があって以来、オレはよくマザードンキーの巣へ遊びに行くようになったんだ」
「そこでオレはドンキーの兄のようにして遊ぶようになったんだ」

ガボの方を笑いながら見て言いました。

「なにしろガボがイヤがって来ないからね」

みんな、ケンの話に聞き入っていました。

ケンは話を続けます。

「すると、何回かに一度は必ずバナナをマザードンキーが出してくれるんだ」
「オレは不思議に思ってマザードンキーに訊いてみたんだ」

「このバナナは何処から持ってくるの?」

「うふふふ・・・・」「どこだと思う?ケン・・・」

「って楽しそうに笑って訊きかえすんだけど、オレにはさっぱり判りっこないから不思議な顔をしていると」

「ケン、ワクワク島から持って来ているのよ」

「エ!ワクワク島から・・・・」
「そんな遠くから持ってくるんですか?」


「遠くなんて大げさねえ・・・。ケン」
「ワクワク島なんて、私にとってちょっとした散歩よ」

「ドンキーだって今はまだ飛べないけど、飛べるようになったら一っ飛びよ」
「どう、今度私が連れて行ってあげましょうか?」

「ネエ、ネエ お母さん。ボクも行きた~い!」

「もちろんドンキーも一緒よ」

「ワクワク島にはバナナがいっぱいあるんですか?」

「そりゃい~っぱいあるわよ~!」

「ぜひお願いします!」

「って答えていたんだ」

「お友達のガボちゃんの連れて行ってあげたいけど、二人いっぺんはちょっと厳しいわねえ」

「ねえお母さん。2回に分けて行けばいいんじゃない?」

「そうね、向こうで何日か泊まってもらえば大丈夫よね」

「オレ、ガボに訊いてきます!」

「そう言ってすぐにターザンごっこをしているガボの所に行って」

「オレ、しばらくワクワク島へ行ってくる!ガボも行こうよ」

「興味深々のカオになったガボが」

「エ~!どうやって行くのさ?」

「マザードンキーが連れて行ってくれるって!」

「そう言うと、ガボのカオが急に暗くなって」

「ケン!やめておけ!」
「マザードンキーに食べられちゃうぞ!」



「オレはそれを聞いて可笑しくなって大笑いさ!」

「アハハハ~!何言ってんだよ大丈夫だよ。ガボ!」

「なぁ、いっしょに行こうぜ」

「オレは行かない。どうしても行きたいならケン一人で行ってくれ」

「そうガボがいうんだ」

そう言ってまたガボのカオを笑ながら見ました。

話を聞いていたみんなも心から思いました。

「あの時の誤解がねえ・・・・・」

それにしてもターザンごっことはいかにもガボらしいとも・・・・・

ガボはあらためて心の中で思っていました。

「ケンが、食べられなくて本当によかった!」と・・・・





Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。