創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/102-bd2b762a

-件の関連リンク

ソフトバンク日本一おめでとうございます

ソフトバンク日本一おめでとうございます!

最後は意外な結末でした。(*^_^*)

大好きな秋山監督が有終の美を福岡で飾った事は本当にうれしく思います!
地元での胴上げは選手、ファンの皆様にとってこれほどうれしい事はないと思います。

きっとうれしさもひとしおです!

のはずです ^_^;

秋山監督も仰っていたように「最後は、意外な結末でした」という言葉がこの試合の最後を物語っていたと思います。

それほど、見ていてハラハラドキドキの試合でした。

最後の攻防を再現すると

9回の表、1点をリードするソフトバンクは、満を持して抑えの守護神サファテが登場

このまま、阪神はあっさり負けてしまうのか?

阪神ファンなら誰しも、「イヤイヤ、ここから面白うなるんや!」と思っていたに違いありません。
ソフトバンクファンも、本音は「このまま終って欲しいけど「そう簡単に終わるわけないばい!」 と心のどこかで思っていたと思います。

そうです、予想通りの波乱が待ち受けていました。
最終回の攻防です。

阪神は先頭の上本選手がフォアボール。
鳥谷選手は三振。
ゴメス、福留選手が連続フォアボール。

1死満塁です

ソフトバンク抑えのサファテ投手は乱調。それはそうですよねえ~!
なんたって、責任重大ですからねえ!

ソフトバンク、秋山監督は泰然として構えています。

さすがです。将がうろたえては兵に伝染します。

1死満塁。阪神は一打逆転、外野フライでも同点!の大チャ~ンス!

ですが、昔からノーアウトであっても満塁はなかなか点が入りにくいのものと相場は決まっています。(>_<)
なぜなら、野球ファンの方ならよく御存じだと思いますが、打球が内野ゴロだと「ゲッツー」をとりやすいからです。

「ゲッツー」というのは、ひとつのプレーでアウトを2つ取ってしまうプレーで、ランナーが1人の時は1塁、2人の時は1塁と2塁、3人の時は満塁のときにとりやすいプレーです。

例えばランナーが1塁にいて、次のバッターがピッチャーゴロを打ったとします。

バッターが打ったピッチャーゴロをピッチャーが拾い、2塁を守っている選手へボールを投げます。
そのボールを受けた選手が、1塁から走ってきたランナーより早く2塁ベースを踏むと、1塁から来たランナーはアウト。
その後すぐに1塁へボールを投げ、そのボールがピッチャーゴロを打ったバッターより早く、1塁でボールを受けた選手が1塁ベースを踏めばバッターもアウト。つまり2人をアウトにしたことになります。\(~o~)/
文字にすると余計わかりづらいかもしれませんね(^。^)

よく分らない方は詳しい方から訊いて下さいね。
コメントを頂ければ、気分が良ければ納得いくまで説明させて頂きます(^_^;)

話が脱線してしまいましたが、とにかく阪神はワンアウト満塁の大チャーンス!

阪神ファンの期待を背負ったバッター西岡選手の一打は無念の1塁ゴロ。

1塁手の明石選手がボールをとり、ホームのキャッチャー細川選手へ投げて3塁ランナーの上本選手がアウト。
さらに細川選手からバッターの西岡選手をアウトにすべく1塁の明石選手へ送球。
この送球が、、打者走者の西岡選手の背中にあたり、その間2塁にいたゴメス選手がホームイン。
誰もが、同点と思った瞬間でした。

しかし、打者走者の西岡選手が守備妨害をとられてあっけなく試合終了。

野球のルールではラインの内側を走って、一塁への送球を妨げたと審判が判断したときは、打者アウトは守備妨害としてアウトになります。
阪神和田監督の抗議もむなしく試合終了。何ともあっけなく、スッキリしない幕切れでした。

もう少し詳しく説明すると、ホームから1塁にかけてラインが引いてありますが、途中からそのラインの90cm位外側にもう一本ラインが引いてあります。このラインをスリーフットラインといい、バッターは1塁に駆け込む際、本来のラインとこのスリーフットラインの間を走らないといけません。

今回のジャッジはこれが適用されたのだとおもいます。

ここからはガボの見解なので聞き流してくださいね

バッターは早く1塁に行きたいと思うので最短距離を走ろうとするのは当然の行為です。
ましてや、後ろからくるボールの行方など見る余裕などありません。つまり、わざと当たろうとするなど無理なのです。
それでもルールだから守備妨害?
妨害する気がなくてもルールからみれば妨害していたことになる?
もちろんルールに則ったジャッジなので正当なのはわかりますが、何ともあっけない幕切れ感はぬぐえません。
なんか燃焼不足なんです。

ソフトバンクの秋山監督のインタビューでも「意外な結末でした」という発言がありました。
雌雄を決する本人たちが一番あっけないと思ったんでしょうね。

日本一を決める試合だから観ている方は余計そう思ってしまうんです。
日本一を決める試合だから審判は厳格にジャッジしたんだと思います。

いろいろ言いましたが審判の方々お疲れ様でした。

あらためてソフトバンク日本一おめでとうございま~す







スポンサーサイト

0件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/102-bd2b762a

0件の関連リンク

Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。