創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/31-8de2c505

-件の関連リンク

カズーイの冒険 24

カズーイもミミーも本当はだんだんバキの事が気に
なってきていました。

特にカズーイは、自分の夢ばかり追いかけていている事が
全てだったのに、バキのように、本当に助けが必要な人が
いる事など考えた事もなかったからでした。

少し、後ろめたい気持ちになった事もガボの申し出に協力
する気持ちの後押しをしました。

それと、自分と同じように空を飛びたいと心底思っている
だろうという事も判っているからでした。
特にバキは、もともと飛べる体なのに飛べなくなってしまった
事の悲しみが痛いほどわかるからでした。

カズーイは、ガボとテルと長老とカズエさんに提案しました。

「僕たちは、オオワシのドンキーさんにどうしても会いたいんだ」
「その協力をぜひバキさんにお願いをしたいんだけど、どうだろうか」

「オー、それはナイスアイディアじゃないか」とテルが賛成してくれ
ました。

長老もカズエさんも頷いていくれました。

しかし、ガボとミミーが渋い顔をしていました。

「ミミー、ガボさんどうだろう?」とカズーイはおそるおそる
訊きました。

「カズーイ、そこまでバキの事を信用してくれるのはうれしいけど・・・・・」
「また、裏切られたら、今度こそ本当に落ちてしまうかもしれないよ」
ガボは、心配な顔をしていいました。

「だから、みんなにお願いをしたいんです。人を裏切るのは、
本当につらいことだと思うんです。そんな事になったらもう
誰とも気持ちをぶつけつあう事もわかり合う事も出来なくなってしまう
でしょう?」

「そうならないように、みんなで協力しあいましょう」とカズーイは
少しはにかんだ笑顔でみんなを見回しました。


ガボは、うれしさから涙をこぼしていました。





スポンサーサイト

0件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/31-8de2c505

0件の関連リンク

Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。