創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/50-8eb3373e

-件の関連リンク

カズーイの冒険 38

ヒノキの森の少し奥には小さな洞穴が密集している所があり、

そこに、ウサギの家族が暮らしています。

ガボがそこへ行くなり、一人のウサギが声をかけてきました。

「やあーガボ。こんな朝っぱらから何しに来たんだ」
と声をかけてきました。

「やあ、リョータ。おはよー」
「リョータに用があってきたんだ」 というと
 
「そうそう、昨日はヒノキで大変なことがあったらしいじゃないか」

「リョータは見てないのか?」

「ああ、ちょっと泉の方にピクニックに行ってたんだ」
「あの、いつも走り回っているカズーイが、バキのせいでヒノキから落ちかけたんだって?」

「そうなんだ、だけど大事にはならなくてよかったよ」

「そうみたいだな。そうだ、昨日、カワウソのロッジ爺さんが、カズーイの事で
ブツブツ文句を言っていたぞ」
「なんでも朝早く、いきなりやってきて、まだ寝ているロッジ爺さんを脅かしたそうじゃないか」

「へー、そんなことしてんだカズーイって」
とガボは少し不思議に思いました。

「それよりリョータ、カズーイに会いたくないか?」

「おー!あわせてくれるのか」
「じゃあ今から行こう」
とノリノリで言いました。

それを近くで聞いていたリョータの妹のノリが「私も行く、いいでしょガボ!」
ガボにお願いしました。

「もちろんだよ、でも長老の巣穴で狭いから、これ以上は連れていけないよ」

「わかったわ。すぐ支度するからちょっと待ってて」と言って洞穴の中に
急いで入って行きました。

「何を支度するんだ」とガボが不思議そうにリョータの顔を見ました。

「ガボ、お前は相変わらずニブちんだな。ノリだって女の子だぜ」

「?」
ガボはさらに不思議な顔をしました。

「お前には女の子の気持ちは分かんないかあ・・・」
リョータはやれやれといった顔をして
「ノリはお化粧するために帰ったんだよ」

「女の子はお化粧するもんなのか?」
「テルなんて全然お化粧してないぜ」

リョータは呆れた顔をして言いました。
「ガボ、これから話す事をテルに絶対にいうんじゃないぞ」
「テルはあれでもお化粧してるんだよ」
「今度、目の周りとか口元とかよく見てみろ」

「え~?」

ガボはびっくりして大きな声を出してしまいました。

「いいか、ガボ。絶対にテルには言うなよ。もし知れたらどうなるか分かったもんじゃないからな」


そこにバッチリお化粧したノリがやってきて
「さあいきましょっ!」とみんなの前をさっさと歩きだしました。





スポンサーサイト

0件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/50-8eb3373e

0件の関連リンク

Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。