創作ドウワ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/68-029aae06

-件の関連リンク

カズーイの冒険 47

カズーイ達をヒノキの天辺につれて行く方法として、
ゴンドラを使う事をカズエさんと長老が提案しました。

「だけどゴンドラは安定してないし、また突風が吹いたら危険じゃないかなぁ」
とガボが心配そうに言いました。

「そうよね、構造上どうしても傾いちゃうし....」
テルにもあまりいい方法とは思えませんでした。

「一番確実なのは、木登りの上手な人に背負ってもらって行くのが手っ取り早いんじゃが...」
と長老も立てた腕のこぶしにあごをのせながら、考えるように言いました。


「でもそれじゃあ、バキには協力は出来ないわよ」
「それに危険なのはゴンドラが傾くからでしょう。
だったら傾かないにようすればいいだけじゃないの」

とカズエさんが両手を大きく左右に広げながら言いました。

「そりゃそうだけど、でもどうやって傾かないようにするんだい」とガボが訊くと

「それをこれからみんなで考えるんじゃないの」と、カズエさんが何をいまさらといった顔で
サラッと言いました。

「でもどうやって」と、みんな考えをめぐらしはじめたところに

「オオワシのドンキーさんに降りてきてもらうというのはどうでしょう?」
とミミーがおそるおそる提案しました。

「おお、それもそうじゃな」
「そうか、それをバキに伝えてもらおう」


長老もガボも賛成しました。

「アヤちゃん、バキにお願いしてくれる?」
とカズエさんも賛成しました。

「わかりました。バキさんに言ってみます」
とアヤちゃんはニコッと笑顔で答えました。

「だけど、お願いする本人が行かなくて図々しくないですか?」
カズーイは心配そうに訊きました。

「それはそうかもしれないけど、カズーイは木に登れないだろう?」
「だったら、登れる人にカズーイの思いを届けてもらえばいいじゃないか」
「人には得手不得手があるものさ」

とガボが諭すように言いました。

「その代り、カズーイにはドンキーへの手紙を書いて貰うわよ」
とカズエさんがカズーイにウィンクして言いました。

「やめて下さいカズエさん。ボクにはミミーがいるんです」
とカズーイがカオを赤らめて抗議しました。

「なぁーに顔を赤らめてるの、初心なのねえ、カズーイったら」といってカズエさんが楽しそうに
笑いながら言いました。

アヤちゃんもミミーも一緒になって笑ってしまいました。

「よし、話が決まったという事でこれからお茶にしようじゃないか」

長老が大きな声でそういうと

「もう用意が出来てますよ」
と長老の奥さんがお盆にお茶と木の実をを載せてみんなの前に置きました。

みんな言葉には出さないけれども、この何気ない気配りに長老夫妻の仲睦まじさが
伝わってきました。





スポンサーサイト

0件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gabotenmasa.blog.fc2.com/tb.php/68-029aae06

0件の関連リンク

Appendix

プロフィール

ガボテンマサ

Author:ガボテンマサ
どうわへようこそ
娘が幼稚園の時に創作したお話をアレンジして、少しづつアップいます。
読み続けるとどんどんはまっていく内容だと思います。

感想などお聞かせもらえればさらなる励みになります。
悪態でもかまわないので足跡を残してくださいね。

サイト運営者メールアドレス
gaboten@tbz.t-com.ne.jp

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク

お祝い金のあるアルバイト紹介サイト バイトリッチ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しています

検索フォーム

あしともコミュニティー

あしとも募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。